Text Size : A A A
 早春の南足柄に咲く桜「春めき」が満開になったので見に行ってきました。
 場所は、小田急線新松田駅から箱根登山バス「関本(大雄山駅)行き」バスで15分(大雄山駅からなら5分)、「足柄高校前」で下車して徒歩10分位です。
 「JAかながわ西湘」の「福沢総合選果場」がある「怒田(ぬだ)丘陵」の東側に300mにわたって120本が植えられていて、斜面を埋めつくすように咲いている桜を下から見上げると圧巻です。
Img_6f28cde4807b95d654d73116bfc3a397
【1】
Img_7a8e01fc680ec263131d334e340e16c0
【2】
Img_5880b41c898a1a8c7287ddeffc0b4c0a
【3】
 「春めき」は地元の農園経営者が作出した比較的新しい品種で、枝いっぱいにぼんぼりのように花を付け、強い香りがあります。
 4月に開花するソメイヨシノは「新入生を迎える桜」、それより早く3月に開花する「春めき」は「卒業生を送る桜」として全国に広まってきているようです。

 なお、「一の堰」とは、ここを流れている用水路(下の写真)が酒匂川系用水の「一の堰(せき)」から流れてきているからで、「ハラネ」とは、このあたりの斜面(土手)の通称だそうです。
Img_caeaf26343e1594db4632643e361ecc1
【4】
Img_f7bbfdba77e66d6dcf7b20818186783c
【5】
Img_b3617a87a50a5403507ecc49928083f5
【6】土手上の小道から
Img_d12cae2b44c9fdac91e26e0ad01f9001
【7】
Img_605a9820c147105b3b2dc06c2cd139d0
【8】
Img_e441593b314b81328f30bb0e96aa7614
【9】
Img_e0602d1c3bbd2696c5665fa95a4df8e2
【10】
Img_d108a96116f3f93cd2f921e7315ac3f3
【11】
Img_e05f693be444d413d2a9e1f9522b75f7
【12】全景
 斜面の上の方の桜にはつぼみもあるので、まだしばらく楽しめると思います。

   (Panasonic FZ1000)

Comments

かおる | 03.24.2017 14:49
ここも行きたかったんですが、駅から遠いのがおっくうであきらめました。
一回上から見てみたいです!
春がもうすぐですね(^O^)
toshi | 03.24.2017 20:06
かおるさん、こんばんは。
行かれなかったのは残念ですね。
富士山は見えませんが、桜の写真を撮るなら春木径より断然こちらです。
斜面に目一杯咲いているので、下から上からいろんな撮り方ができます。
人出も少ないですし。
すぐ山の上のアサヒビール工場にも春めきが400本あるそうですから、一の堰とあわせて車で行くのもよいかもしれませんね。
なお、ここの斜面は東向きなので午前中、できれば10時位までに行かれるのがよいと思います。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする